• ホーム
  • >『装ひ堂式』という特長について。

『装ひ堂式』という特長について。

弊店は、福岡のブックカバー専門店です。
弊店のブックカバーには、本が大好きな皆さまに喜んでいただける、オリジナルの機能がございますので、その特長をご説明させていただきます。(添付画像参照)

使用方法

【本の装ひ堂】のブックカバーは、表からご覧いただいた時は、最大の特長と言える、仕掛けには気がついていただけません。
読書時は、何の変哲もない、普通のブックカバーに見えることにこだわっております。
(もちろん、色柄にもこだわりがありますが。)

そして、携帯時の機能こそ、【本の装ひ堂】ブックカバーの最大の特長だと考えております。

ポイントは、左側のフリーサイズの折り返し部分。
読書中は、抑えの部分に挟んで、本がずれない様に使用。
また、携帯中は、表までくるんで、マジックテープでぴたっ!と留める。
バッグの中で本が折れ曲がるという、本読みさんにとっての悲惨な事故を未然に防ぎます。

持ち歩き読書をますます楽しく。
店主好みの本の装いの数々をお楽しみくださいませ。^ ^

※ご注意※
全ての厚さの本に対応しているわけではございません。
厚めの本の場合、携帯時には表からマジックテープが見えることもありますので、その点はご了承いただき、他のお荷物に引っ掛けたりなさらないよう、ご注意くださいませ。
※ 尚、この機能を使用してのブックカバー販売等はご遠慮ください。